FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「L.A.ストリート・ファイターズ」(L.A. STREET FIGHTERS)



「L.A.ストリート・ファイターズ」
NINJA TURF
L.A. STREET FIGHTERS
1986年 アメリカ
95分

監督: リチャード・パーク
出演: ジュン・チョン,ジェームズ・ルー・フィリップ,リース・キング

《間道コレクション》
[字幕スーパー版]
[No. 0123]






関連記事
スポンサーサイト

コメント

これでも一応、青春映画

ロスのコリアンタウンでいつか「成り上がる」為に、
仲間と共に日々喧嘩に明け暮れる主人公(但し見た目おっさん)
「成り上がる」には先ず金が必要という事でマフィアのパシリで小銭稼ごうとはするものの、
ライバルチームとの小競り合いやなにやらが重なり上手くいかない。
業を煮やした主人公は「太く短く」に路線変更したのか、
マフィアの金を奪って豪遊開始。
当然怒ったマフィアからは殺し屋を送られるわ、
ライバルチームからの攻撃も激しさを増すわで、
引くに引けない主人公達は敵しかいない街で
人生最後の死闘に挑む。

最初に観たのは中学生の頃だったので、
「香港とは違うけどそれなりにテンポいいクンフー映画だなぁ」
程度の認識しか持てなかったが、

多少なりとも大人になって改めて観てみると、
「マイノリティゆえの苦悩」とか「闘いの虚しさ」も
それなりに織り込まれていて、
「思ったよりはきちんとしてる」印象の映画。

そしてマフィアが雇った二人の殺し屋
「ヤクザ」と「空手家」のコンビが結構見所。
「ヤクザのヨシダ・ケン」は「おひかえなすって」を英語でやってくれるし、
台詞は「INTRODUCE MYSELF~」
(直訳すると「私に自己紹介させてください」になるのか?)
二挺サイの主人公VSドスを操るケンの一騎打ちは間違いなく本作のハイライト。
ちなみに突如「バカヤロー!」と激昂するクセあり。

「空手家クルーガー」(プロテクターでジャッキーとも共演したビル・ウォーレス)
は鞭使いでサンドバッグを一撃でぶち抜くハードパンチャーでもあるが、
(字幕での)語尾が常に「~だぜ!」な為
そこらの「ヤンキー漫画」の登場人物みたいで馬鹿にしか見えないのが難点。
ウォーレス自身「蹴りの名手」でもあるので、出来れば主人公との
キック合戦を楽しみにしてたがそれは叶わず。


No title

今見たところのような素晴らしい解説です。シネマバージャンゴで鍛えただはあります。この映画の特殊性を再認識しました。

No title

「歌とダンスはないけど、その替わりにふんだんに喧嘩をぶち込んでキムチで
和えて作ったウェストサイド物語」 みたいなモンだと思ってます。

No title


本当にその通りですが、やはりあの流血シーンのバイオレンス度は、この時代にしては立派だと思います。木刀で額を殴られ流血、瘤まで作って真っ青な顔で倒れ込む男。クライマックスの暗闇野外ファイトでしたので、手元が狂ってリアルヒットしたのかもしれません。

No title

ジャンゴ様
 
>最初に観たのは中学生の頃だったので、
「香港とは違うけどそれなりにテンポいいクンフー映画だなぁ」

中学生としては何だか凄い適格な見かたですね(^^;)
 

>「マイノリティゆえの苦悩」とか「闘いの虚しさ」も

昨今の、どのジャンルにおいても今ひとつ
ブレークスルーを起こして社会現象にまでなるような
"熱狂"と言えるような作品が出にくいのはこういった
登場人物のローカルな気持ちのバックボーンの設定が
演出・演技によって観客の胸に迫ってこないからの
ように感じます。
  
 
>台詞は「INTRODUCE MYSELF~」
 
結構、適切な"英訳"なのかもですね。
「おひかえなすって」の後は自分の姓名と出身が
例の中腰で片手を出したポーズで続くので
将に「INTRODUCE MYSELF~」
ですね。


>「歌とダンスはないけど、その替わりにふんだんに喧嘩を
ぶち込んでキムチで和えて作ったウェストサイド物語」 
みたいなモンだと思ってます。
 
未見の作品ですが、受けました。
観てみたいです(^^;)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

stuff_k

Author:stuff_k
日本VHS研究所
Japan VHS Research Institute
略称 JVRI

タグ Tag

フランク・マーシャル ジミー・ウォング 1972年 アメリカ映画 2001年 コメディー 青春 歴史劇 香港/台湾 ジャック・ヒル 1987年 マイケル・ライ Blaxploitation ドラマ 1995年 1998年 ホラー 1973年 ラロ・シフリン リチャード・バンド レナード・ホー リー・ビンビン ジェームズ・ウォン 1993年 1997年 R-15 レイモンド・チョウ 女番長(スケバン) ジョセフ・クー アメリカ/イギリス アメリカ/フィリピン フレッド・ワイントロープ RZA マーク・アーウィン 犯罪 ローレンス・ゴードン クリストフ・ベック ラリー・コーエン 1999年 倉田保昭 ツイ・ハーク ミステリ 1992年 戦争 1975年 1976年 モーリス・ジャール ユエン・ウーピン 1977年 ロバート・クローズ アクション ティエリー・アルボガスト サスペンス エリック・ツァン アンジェイ・バートコウィアク ロジャー・コーマン ウー・マ プーン・ハンサン 方世玉 西部劇 ロマンス 1971年 1990年 1989年 1986年 1974年 メイキング 日本/香港 ドキュメンタリー 1979年 パム・グリア 1996年 格闘技 2002年 バイオレス・アクション セミドキュメンタリー 2003年 1982年 中国/香港 1981年 黄飛鴻 フランス/アメリカ ユン・ワー 香港/韓国 エロティック バリー・ウォン Bruceploitation 1985年 ジム・ケリー アドベンチャー 劇場未公開 1978年 コリー・ユン 1988年 エドワード・タン ロバート・リチャードソン 2000年 ビデオ 香港/アメリカ リンゴ・ラム 1983年 トレヴァー・ラビン 1967年 ドニーイェン ロー・ウェイ ファンタジー アメリカ/香港 リー・リンチェイ ジャッキー・チェン SF 香港 サモ・ハン・キンポー 邦画 カイル・クーパー シリオ・H・サンチャゴ 台湾映画 1991年 1984年 香港映画 ユン・ピョウ 韓国映画 1994年 1980年 アーサー・ウォン 

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。